賃貸住宅について

賃貸住宅と公営住宅の違いや高齢者専用賃貸住宅のこと。

賃貸住宅と公営住宅の違いは?

賃貸住宅

公営住宅とは、県や市などの公共組織が、低所得の人対象に住居の安定を図る目的で管理する賃貸住宅です。

入居条件としては、同居人がいることや、所得制限15,8000円以下が対象となっています。また、明らかに住居に窮している場合などは、申込み可能です。現在在住しているかどうかもチェック項目となります。状況によって判断が異なるケースもありますので、各自治体に問い合わせ確認するとよいでしょう。

公営住宅の家賃は、収入に準じて決定されます。公営住宅は、公共団体によって福祉的な目的で運営されている賃貸住宅ですので、利益を追求する性質のものでないことが特徴です。

公営住宅の他にも、家賃補助や特定優良賃貸住宅など、公共の住宅サポート制度は様々なので、自分の状況に合った賃貸住宅を利用するとよいでしょう。公営住宅と取り巻く環境も変化しており、建物の老朽化や高齢者の増加など対策が望まれる課題も多いようです。公営住宅のバリアリーフ化も検討されるべきでしょう。

公営住宅に関しては、全国画一的な基準設定も歪みが生じており、現状にあったシステム改善が期待されます。住居というのは、人間が健やかな生活を営むうえで、必要であり、公営住宅は平等に利用出来る賃貸住宅であるべきでしょう。

FX 1000通貨カードローンド短期バイトハワイツアー JALパック

高齢者専用賃貸住宅とは?

賃貸住宅について

敷金・礼金など少ない初期費用で手軽に住み替えができ、いつでも退去できる賃貸住宅は首都圏を中心に増加の一途をたどっていました。

しかし、最近は都心部の若者向け賃貸住宅(ワンルームマンション)を中心に賃貸住宅の需要が減り続けています。それとは対照的に増加しているのが高齢者専用賃貸住宅です。

高齢者専用賃貸住宅とは、火災や孤独死などを懸念して高齢者に対する賃貸住宅の貸し渋りへの対策として2005年12月に導入された制度です。高齢者専用賃貸住宅は3年で約10倍に急増しました。

高齢者専用賃貸住宅のなかには生活サポートつきの住宅もあります。専属スタッフが来訪者の受付や宅配便の取次ぎ、体調不良時の緊急時対応サービスや食事の提供など比較的元気なシニアを対象とした住宅の開発に力を入れる住宅メーカーもあり、高齢者専用賃貸住宅は今後の需要を見込んで増加の一途をたどっています。

高齢者専用賃貸住宅は事業者が住宅の戸数や設備、構造、入居諸費用などの情報を都道府県知事に登録するとそれらの情報が自治体の窓口や高齢者住宅財団のホームページで開示されるシステムになっています。高齢者専用賃貸住宅の認定事業者には、住宅の整備費補助や家賃負担軽減の補助を国や自治体から受けることもできます。

賃貸住宅関連情報